世田谷世田谷今昔物語

駒沢エリア - 新町

「新町」のいわれは、江戸期にさかのぼる。このあたりは江戸時代に開拓され、世田谷村の支村となった。そこで世田谷村の本村に対して、こちらを世田谷村新町と呼んだといわれる。

新町1丁目

栗の湯
新町1-36住宅地図

数少ない銭湯の生き残り栗の湯。昔は鶏舎が隣にあったようだ。
■アクセス 東急田園都市線 桜新町駅 徒歩7分 ■TEL 03-3702-3305
■営業時間 16:00~22:00 ■休 月曜

新町2丁目

新町2-37住宅地図
地下鉄工事
芝信用金庫

玉電廃止が昭和44年。新玉川線の地下鉄工事を経て昭和52年に桜新町駅が再スタート。芝信用金庫は今も同じ場所にある。

新町3丁目

新町3-1住宅地図
東京電力世田谷支社
東京電力世田谷営業センター

昭和29年に誕生した前に玉電が走る東京電力世田谷支社。以来、桜新町周辺のベンチマーク的存在となっている。現在は「東京電力(株)渋谷支社 世田谷営業センター」という名称。


新町3-21住宅地図

神習教本詞。神道系新宗教13教団の一つ「神習教」の教団本部が戦前から置かれていた。

このページのtopへ