世田谷世田谷今昔物語

経堂エリア - 桜丘(さくらがおか)1

「桜丘」の名も昭和30年代まではなく、その由来も、同じく世田谷城の御所桜にちなんだものと思われる。昭和41年、旧世田谷と旧経堂町、旧砧町、旧船橋町の各一部からできた。桜三丁目にある東京農業大学は、昭和30年代には世田谷通りには面していなかった。昭和46年、大学の手前にあった旧陸軍機甲整備跡地に移転して、世田谷通りと画する現在のキャンパスとなった。

桜丘1丁目

桜丘1丁目住宅地図
東京農業大学

明治24年、東京農大の原点「育英黌」が生みの親、榎本武揚によって設立される。渋谷の常磐松校舎は戦災に逢い、昭和21年に現在の世田谷に移転。昭和27年には農大名物、梅丘駅前での「大根祭り」も誕生した。

桜丘2丁目

桜丘2丁目8住宅地図

昭和32年分譲の公団千歳桜丘団地が建て替えられ現在は大型マンションになっている。


桜丘2丁目18住宅地図

18番地の世田谷温泉という名の銭湯だったのだろうか?現在はアパート。


千歳船橋駅住宅地図
千歳船橋駅

千歳船橋駅も高架化され、駅前の隣接する商店も無くなっている。


千歳船橋参商会
千歳船橋参商会

千歳船橋南口の商店街。たくさんある商店も入れ替えも激しい。28番地の島田商店は現在スーパーオオゼキ。

このページのtopへ