世田谷世田谷今昔物語

上馬エリア - 上馬(かみうま)

源頼朝が平泉の逃れた義経等を征伐途中に、このあたりの沢に馬が落ちて死んでしまったことから、馬引沢の地名が付けられたという。この馬引沢が、江戸時代には上中下に分けられ、上馬引沢村や中馬引沢村、下馬引沢村ができた。この村名を略して、それぞれ上馬・下馬となった。

上馬1丁目

上馬1丁目13住宅地図
上馬1丁目Y字路

現:15番地、旧大山街道に入るY字路周辺。13番地にあった清光園はハイム清光園・コーポ清光園に変わっている。世田谷医院も無くなっている。15番地はセブンスターマンション三軒茶屋などをはじめ高層マンションが建っている。


上馬1丁目31住宅地図
栄湯

現:31~33番地の中里通り商店街周辺。当時は旅館などもあったようだ。古い商店街なので現存する商店も多く、「栄湯」もそのひとつ。
■TEL:03-3414-7173 ■時間:15:30-24:00 ■定休日:土曜

data-full-width-responsive="false">

上馬2丁目

上馬交差点住宅地図
昭和36年 上馬交差点

現:1番地の上馬交差点。呉服屋の「小島屋」の跡地にはビルやマンションが建ち、城南信用金庫も同地にはない。上馬交差点も首都高、立体交差点ができ、当時の面影はない。


上馬2丁目26住宅地図
昭和36年 中里駅

現:26番地にあった「玉電 中里駅」現在地はマルエツ中里店の駐車場あたりであろうか。この中里駅から上馬付近まで専用軌道を走っていた。この中里はバス停などに名を残す。

このページのtopへ