世田谷世田谷今昔物語

田園調布

高級住宅街の代名詞である「田園調布」。田園調布は大正12年の田園都市株式会社が「田園都市多摩川台」として分譲して始まりました。渋沢秀雄(「資本主義の父」と言われる偉大な実業家・渋沢栄一氏の子)は欧米に視察に行き、Ⅰ9世紀後期のイギリスで提唱された「住宅と庭園の共生する新しい形態の都市」構想で、その思想に共感した渋沢が設立した田園都市会社計画的に住宅、商業施設などを配置して理想を実現して作り上げた。

田園調布2丁目

昭和40年 田園調布駅東口
田園調布商店街

田園調布駅東口の商店街。文字がつぶれて見えにくいが、昭和7年創業の和菓子店「あけぼの」を始め現存する店もある。当時は田園調布4丁目。

ドラマから

田園調布2丁目56 住宅地図
おひかえあそばせ #9

おひかえあそばせ」9話(昭和46年8月4日放送)に田園調布駅周辺が出てくる。写真は2丁目56番地、柳澤博愛医院手前から駅方面への映像から。現在、田園調布駅は地下化され、その上に東急スクエアガーデンサイト建っているので、同場所から、3丁目の商店は見えにくくなっている。

田園調布3丁目

昭和48年 田園調布駅西口1
昭和48年 田園調布駅西口2
田園調布駅西口

多くの著名人が住む3丁目の田園調布駅西口。1番地にはホテルニュージャパンなどの経営で知られる横井秀樹の豪邸もあった。駅前は「ジャーマンベーカリー」「チロリアン」などの洋菓子屋さんもあった。同じく洋菓子の「レピドール」は健在。

data-full-width-responsive="false">

映画から

風速40米 田園調布駅
風速40米 ロケ地

石原裕次郎主演の日活映画「風速40米」(昭和33年8月12日公開)に当時の田園調布駅西口が出てくる。かわはら理容店や玉泉堂書店が見える。現在ケンタッキーがある以前の場所は「つたや」という文房具店だった。

このページのtopへ